HTML5 Powered with CSS3 / Styling, and Semantics

feed-icon-28x28.png

印刷用表示

アップデートの手順

運用開始後のアップデート

通常アップデートの手順

運用を始めてからのシステムのアップデートは、一般的に大変危険な作業ですが、ek-MyWEBのアップデートの手順はシンプルです。基本的に解凍されたルートディレクトリに含まれるPHPプログラムファイルのうち、タイムスタンプ(作成日時)が新しいものについてのみ、上書きアップデートを行ってください。なお更新が必要な、重要なプログラムファイル名については「アップデートの詳細」に、その都度紹介しています。

特にユーザーが設定した情報を含む「ek-Head」「ek-Style」サブディレクトリに対して上書きしてしまうと、メニューなどが初期化されてしまいますから、絶対丸ごと上書きをしないでください。できればアップデートの前に、サブディレクトリ全体を他のPCなどにコピーしておくことをおすすめします。

データベースのバックアップは不要

通常のアップデートに際して、基本的にデータベースをバックアップする必要はありません。データベースのフォーマット変更があった場合は、自動的にフォーマット変更プログラムが動作するようになっていますが、その場合に限って念のためバックアップをおすすめしています。なお必要が生じた場合は当サイトでその旨告知します。その具体的な手順については「DBバックアップ・リストア」で紹介しています。

データベースのリストアは不要

データベースのリストアとは、アップデートではなく、再度のインストール作業で空の状態となってしまったデータベースに、バックアップしておいたデータを書き込み、復旧する作業を意味します。そのため通常のシステムアップデートでは全く必要ありません。もしアップデートに際して手順を誤って再インストールを行ってしまい、データが空になってしまった場合は、先にバックアップしておいたデータをリストアすることで復旧できます。

Powered by ek-MyWEB.com 2.0 RC3