HTML5 Powered with CSS3 / Styling, and Semantics

feed-icon-28x28.png

これはミニWiki(タイトル・見出し検索)の結果です。

DBリストア

SQLite3.3ファイルからSQLデータベースへ

リストアとは、バックアップの正反対の操作を意味します。具体的な活用方法としては、サーバの移転への対応や、ローカルサイトで先に制作したデータを、インストール直後のリモートサイトへアップロードするといった使い方が考えられます。

ek-RestoreDB3.php」(SQLite3.3対応)

*リストアではek-MyWEBインストール直後の状態を想定し、バックアップファイルにある全コンテンツデータと全売上データ、売上明細データ、デフォルトの3名以外のユーザーデータを、作成されたばかりの新しいデータベースに書き込みます。このときテーブル接頭句が一致している必要があります。バックアップと同様、トラフィックが高い時間帯の実行は避けてください。なおSQLite2.8からのリストアプログラムは、バージョン1.2RC1より提供が中止されています。
*異なるOS・実行環境へリストアした場合、パスワードがうまく引き継がれない場合があります。これは実行環境によってPHPのパスワードを暗号化する、ハッシュ関数の仕様が異なるためです。そのときは「ログイン」メニューから、ユーザーごとに新しいパスワードの発行を受けるようにします。しかしこのような混乱を避けるために、バックアップとリストア、さらにバックアップサイトの構築は、必ず同じOSにおいて行い、パスワードが正しく引き継がれることを確認してください。

DBバックアップ・リストア

DBリストアは危険な作業です

バックアップしたデータをリストアするデータベースはインストール直後のまっさらな状態(記事データが何もなく、ユーザーはデフォルトの3人のみ)でなければなりませんが、これは既存のテーブルからデータを全て削除した状態とは異なります。MySQL、PostgreSQL、SQLiteともプライマリキーはAUTO INCREMENTで作成されるので、データを全て削除してもプライマリキーの値は1からは始まらず、削除前の次の値からスタートします。ek-MyWEBではそのようなケースにも対処していますが、不用意なリストアを繰り返すと、記事IDが重複する可能性が生じます。そのためデータベースはそのままでも、不要なテーブルは一度完全に削除した上で、インストールプログラムを起動させて、同名の新しいテーブルを作成させるようにしてください。

DBバックアップ・リストア

高速バックアップとリストア

@2009/10/25 21:50

SQLite3.3形式でのバックアップはパーソナル版とのデータ交換を想定したものですが、レンタルサーバなど実行環境によっては時間がかかることがあります。そのため次のバックアップ専用プログラムを用意しました。管理者モードでURLラインから起動してください。

ek-BackupDBx12.php」(バージョン1.2および2.0兼用)

起動してオプションを選択すると、メインテーブルの1ファイルとユーザーおよび商品売上テーブルの3ファイルが、バックアップディレクトリ(./ek-Backup/)内に作成されますから、ローカルサイトにダウンロードして保存しておきます。拡張ファイル名が「.sqlt2」となっていますが、便宜上のものでSQLite2.8形式ではありません。特殊な文字コードを埋め込んでいるので、テキストエディタで編集を試みるとデータが破損する危険性があります。新しいデータベースへのリストアは、そのサイトのバックアップディレクトリへファイルを移してから「ek-RestoreDBx12.php」(バージョン1.2および2.0兼用)を使ってください。

DBバックアップ・リストア

DBリストアがうまくいかない場合

高速バックアップファイルは「ek-Backup」ディレクトリの中に、「www_」のような名前が付いたファイル名で保存されていますが、これは元のデータベースのテーブル接頭句を意味しています。このテーブル接頭句が新しいデータベースと一致しないと「ファイルが見当たりません!」と表示されて、高速リストアがうまくいきません。再インストールなどでテーブル接頭句が異なった場合は、高速バックアップファイルの名前を変更してください。

アップデートの詳細

ユーザー情報が正しくリストアされないバグへの対応

デフォルトの3名以外のユーザー情報が、正しくリストアされないバグが発見され、対応しました。修正プログラムは次のファイルです。

ek-RestoreDB.php

アップデートの手順

データベースのリストアは不要

データベースのリストアとは、アップデートではなく、再度のインストール作業で空の状態となってしまったデータベースに、バックアップしておいたデータを書き込み、復旧する作業を意味します。そのため通常のシステムアップデートでは全く必要ありません。もしアップデートに際して手順を誤って再インストールを行ってしまい、データが空になってしまった場合は、先にバックアップしておいたデータをリストアすることで復旧できます。

リストア の検索結果は 6 件です。

Powered by ek-MyWEB.com 2.0 RC3