HTML5 Powered with CSS3 / Styling, and Semantics

feed-icon-28x28.png

これはミニWiki(タイトル・見出し検索)の結果です。

ビジネスモデル

管理者(Webカスタマー)向けのビジネスモデル

サーバ管理技術を備え、自由に使えるサーバを保有している人のためのビジネスモデルは、次のように考えられます。

1)自らASP事業者としてWebオーナーを募集する。
2)企業や団体からサーバ管理業務を受託する。
3)サーバ管理が苦手な、Webデザイナーの後方支援を行う。
4)ek-MyWEBのカスタマイズ、オプションプログラミングを請け負う。
5)CSSを習得してWebデザイナーの職域に踏み込む。

管理者向け情報とは

ek-MyWEBのサーバへのインストールとセットアップ、システムメンテナンスに関するマニュアル以外の補足的な情報を、時系列による日記風に掲載します。

管理者に必要なスキル

1)手持ちのパソコンにLinux(Fedora 8以上、またはCentOS 5以上)をインストールできる。
2)XAMPP for Linux をインストールできる。
3)PHPの入門書程度をこなしている。

以上が必須です。そのうえでWordPressをインストールした経験があれば、あるに越したことはありません。HTMLやCSSは、「ちょっと手直しができる」レベルで十分です。

ホームページを立ち上げるには具体的なメニュー構成をお客様(経営者)と打ち合わせて決定し、デフォルトの設定ファイル(PHPソース形式、スタイルシート)を修正する必要があり、そのために以上のスキルが求められます。

商店街のサイトなど大量に個人情報を扱う可能性が高いケースでは、個人情報の保護管理の知識と技術を備えた、国家資格の情報処理技術者であることが望ましい。

インストールと初期設定

管理者、経営者、編集者

インストール時にはデフォルトで3人のユーザーを登録します。経営者と編集者が未定の場合は、管理者と同じメールアドレスでも構いませんが、パスワードは別にしてください。インストールプログラムは乱数を使って自動的に8桁のパスワードを作成してくれます。それをそのまま使うか、わかりやすいものに変えることもできます。インストール時に設定したパスワードはメールアドレス先には通知されないので、すぐ試す必要があるなら、メモをとっておいてください。

ワークフローマニュアル

管理者(アドミニストレータ)の役割

管理者はオーナーの権限に加えて、データベースのメンテナンス、システム全体の管理業務を受け持ちます。FTP権限は管理者だけが保持するのが望ましく、オーナーは管理者にまかせるべきです。またPHPで記述されたテンプレートの編集は、プログラミング能力のある管理者が行うことが望ましく、デフォルトでは管理者専用メニューに割当てられていますが、この割当てについては「ek-Head/ek-AdminMenu.php」テンプレートを編集することで変更できます。

ユーザーのアクセス権限

管理者、経営者、編集者

サイトへのアクセス権限は基本的に5段階あります。管理者(admin)はサイト運営の技術的な最高責任者です。サイト運営に関わる全てのリソースにアクセスできます。経営者(owner)はサイト内のコンテンツ管理の最高責任者で、その公開の可否を決定できます。編集者(editor)は経営者の指示を受け、基本的にPostを除く全てのコンテンツの作成と、画像アップロード・編集に携わります。

管理者によるユーザー登録

代理登録の方法

ユーザー登録は原則としてユーザー自身が「新規登録」メニューから操作しますが、サイトのオーナーまたは管理者が、委託された名簿などからの代理登録は可能です。管理メニューには表示されませんが、ログインしてからサイトのURLに続いて「ek-Regist.php」を起動させることができ、ユーザー登録が可能となります。この場合通常と同じく、登録ユーザーのメールアドレスに登録メッセージと初期パスワードが送信されます。

*この機能は1.2_RC8から備わりました。

管理者 の検索結果は 7 件です。

Powered by ek-MyWEB.com 2.0 RC3