HTML5 Powered with CSS3 / Styling, and Semantics

feed-icon-28x28.png

これはミニWiki(タイトル・見出し検索)の結果です。

SQLiteに対応

お手軽なパーソナル版

標準版にはMySQLデータベースが必要ですが、MySQLが使えない、できれば使いたくないという環境でも、SQLite(3.3)が使えるなら、お手軽なパーソナル版を提供します。SQLiteは厳密にはデータベースでなく1個のファイルなので、多数の会員がアクセスして新しいデータを書き込むという使い方にはちょっと厳しいという事情があります。そのためショッピングカート掲示板パフォーマンスが低下することを、あらかじめお断りさせていただきます。ただしデータ形式はek-MyWEBのバックアップファイル形式なので、標準版へいつでも簡単にアップサイズできます。

SQLiteの管理ツール

パーソナル版をスムーズに運用するにはSQLiteのデータ管理ツールが必要ですが、SQLiteManagerをお勧めします。バージョンは2.8と3.3に対応、ただし日本語文字コードはEUC-JPなので、langフォルダにあるjapanese.inc.phpをUTF-8用に書き換える必要があります。設置にあたってはセキュリティに注意し、誰でもアクセスできないようにしなければなりません。バックアップファイルをローカルサイトへダウンロードして、そのファイルを点検するというのが安全なやり方です。

SQLiteManager公式サイト

ek-MyWEBの特徴カード

SQLite3.3対応のパーソナル版

  • お手軽データベースで、お試し運用できる。
  • 独立ファイルで簡単コピー、簡単削除。
  • 機能は標準版とほとんど変わらず。
  • DBの立ち上がりが速く、お知らせなど携帯向き。
  • バックアップ用のサイトとして運用できる。
  • 本格DBMS対応の標準版へアップサイズできる。

パーソナル版(SQLite3.3対応)

ek-MyWEB_Q2.0_RC3

教育機関や小企業などデータ量が少ないケースで、お手軽に導入できるタイプです。

@2014/07/25 21:12

zip(776.6KB)

tar.gz(551.1KB)

SQLite3.3が利用できないエラー

XAMPP for Windows 1.7.1の場合

デフォルトではSQLite2.8は利用できますが、SQLite3.3を利用するには「c:\xampp\php\php.ini」ファイルの646行目あたりを次のように編集して、ライブラリの読み込みを有効にする必要があります。編集後に改めてXAMPPを起動します。このファイルが見当たらないときはフォルダオプションにある「登録されている拡張子は表示しない」をオフとしてください。

DBバックアップ・リストア

SQLデータベースからSQLite3.3ファイルへ

バックアッププログラムは管理者専用メニューから起動できます。また管理者権限がなければ起動できないことになっています。プログラムはMySQL(PosgreSQL)データベースに格納されている記事データとショッピングデータ、会員データを、バックアップ専用のディレクトリの中に、SQLite3.3のファイル形式でバックアップします。処理はサーバサイドで行われるので、ダウンロード方式より高速です。バックアップ専用のディレクトリは外部からのアクセス制限によって保護されています。バックアップを繰り返すと、前のファイルは上書きされますから、必要があればFTPによってローカルサイトにダウンロードできます。

ek-BackupDB3.php」(SQLite3.3対応)

*処理中には経過が画面に表示されます(Firefoxの場合)が、もし異様に長く時間がかかる、画面のメッセージがおかしいという場合は、ブラウザの読み込みを停止のうえファイル名を変更して、再度バックアップを試みてください。またサーバの負荷が高くなるので、トラフィックが高いと思われる時間帯のバックアップは避けてください。なおSQLite2.8へのバックアッププログラムは、バージョン1.2RC1から提供が中止されています。

DBバックアップ・リストア

SQLiteパーソナル版のバックアップ

パーソナル版はSQLite(3.3)で動作します。基本的にデータはインストール後からバックアップ専用のディレクトリにあるファイルに保存され、読み書きできるようになっています。そのためパーソナル版にもバックアップ機能はありますが、ファイル名の重複には十分注意してください。通常バックアップの必要があればFTPによって、ローカルサイトへダウンロードすることになります。なおリストアはファイルの移動あるいはコピーの方が手早いので、そのためのプログラムは用意されていません。

DBリストア

SQLite3.3ファイルからSQLデータベースへ

リストアとは、バックアップの正反対の操作を意味します。具体的な活用方法としては、サーバの移転への対応や、ローカルサイトで先に制作したデータを、インストール直後のリモートサイトへアップロードするといった使い方が考えられます。

ek-RestoreDB3.php」(SQLite3.3対応)

*リストアではek-MyWEBインストール直後の状態を想定し、バックアップファイルにある全コンテンツデータと全売上データ、売上明細データ、デフォルトの3名以外のユーザーデータを、作成されたばかりの新しいデータベースに書き込みます。このときテーブル接頭句が一致している必要があります。バックアップと同様、トラフィックが高い時間帯の実行は避けてください。なおSQLite2.8からのリストアプログラムは、バージョン1.2RC1より提供が中止されています。
*異なるOS・実行環境へリストアした場合、パスワードがうまく引き継がれない場合があります。これは実行環境によってPHPのパスワードを暗号化する、ハッシュ関数の仕様が異なるためです。そのときは「ログイン」メニューから、ユーザーごとに新しいパスワードの発行を受けるようにします。しかしこのような混乱を避けるために、バックアップとリストア、さらにバックアップサイトの構築は、必ず同じOSにおいて行い、パスワードが正しく引き継がれることを確認してください。

アップデートの詳細

SQLite3.3への対応

1.1のもうひとつの特徴として、SQLite3.3への対応があります。SQLite本家サイトからは既にSQLite2.8のダウンロードサービスが終わっており、今後は3.3以上(3.6が最新)が標準となることが考えられます。XAMPPなどでは当面2.8と3.3の併用が続くものと思われますが、レンタルサーバの実行環境をphpinfo()などでご確認の上、SQLite2.8からSQLite3.3への移行をお勧めします。2.8から3.3への移行は、前述の2.8と同様「DBのバックアップ」により可能となります。

*XAMPP for Windows 1.7.1は、デフォルトではSQLite3.3に未対応です。「c:\xampp\php\php.ini」ファイルにある「;extension=php_pdo_sqlite.dll」のセミコロンを除去して有効にする必要があります。

アップデートの詳細

SQLite3.3対応パーソナル版のバグ

Cardモデルの見出し検索結果が表示されない、ユーザーのリストアが正しくされない症状がありました。

ek-CardWiki.php」(更新)
ek-RestoreDB3.php」(更新)

Schedule、Calendar関連の不具合

SQLite3.3対応パーソナル版のバグ

スケジュールが表示されないバグがありました。他の版も関連プログラムを更新しました。以前のデータで時刻が表示されない場合は、個別に「記事更新」してください。

ek-Calendar.php
ek-MiniCalendar.php
ek-Schedule.php
ek-Insert.php
ek-Update.php

アップデートの詳細

SQLite2.8対応パーソナル版の更新

XAMPP1.7.2環境でSQLite2.8対応のパーソナル版をインストールする場合は、必ず1.2_RC3をダウンロードして、全てのプログラムファイルを更新してください。新しいPHP5.3では、SQLite2.8の挙動に一部変更があり、旧バージョンのプログラムのままでは正常にデータを読み取ることはできません。

アップデートの詳細

SQLite2.8対応パーソナル版の開発停止

SQLite本家のサポートがなくなり、かつ最新PHPにおける動作が不安定のため、勝手ながら1.2RC5より、SQLite2.8対応のパーソナル版について、開発およびダウンロードを停止させていただきました。

SQLite の検索結果は 13 件です。

Powered by ek-MyWEB.com 2.0 RC3