ネットショップマニュアル

ショッピングカート

cart1.jpg

商品を選択する

ショッピングカートを利用するには、まず会員ログインを行い、商品カテゴリーから商品を選択して、数量を記入し、「カートへ入れる」ボタンをクリックします。複数の商品が必要なら、それぞれの商品について同じように「カートへ入れる」操作を繰り返します。

cart2.jpg
カートの中身を確認する画面

カートの中身を確認する

会員ログインをしていると、ショッピングカートのメニューが表示されます。「カートの中身を確認する」をクリックすると、直前までに選択された商品の注文一覧が表示され、消費税を加えた総額が計算されます。会員ログイン前に商品を選択した場合の注文も含まれるので、重複があれば「キャンセル」ボタンで削除できます。

送付先個人情報

商品の送付先を入力するフォームへ必要な情報を書き込みます。この個人情報は会員プロフィールとして事前に登録しておくことができます。また記入後に会員プロフィールとして保存することも選択できますが、個人情報を厳重に保護するには、必要でない項目への記入と保存を避けた方が懸命です。

ご利用のご案内

オーナー以上の権限で、「ご利用のご案内」に表示するメッセージを編集できます。ネットショップを開設するときは、取引に関する最低必要なメッセージを、注文直前に読んでいただく必要があります。なおサイトの名称サブタイトルもここで変更・編集できます。

cart3.jpg
注文の確定送信画面

注文の確定送信

「カートの中身を確認」画面で送付先を入力して、「注文内容と送付先を確認して送信する」ボタンをクリックすると、あらためて画面にその内容が、念のため表示されます。控えが必要な場合は印刷も可能です。ここでさらに「この内容で送信する」をクリックすると、サイトのオーナー宛メールが送信されます。また同じ内容が注文主(送信者)宛に送信されます。

取引の成立条件とは

ネットショップとは基本的にメールで注文を受付けます。その流れを簡略化するのがショッピングカートの役割と言えます。商法ではメールによる注文に対して、メールまたは手紙、電話などの方法によって注文の受諾を相手側に意思表示することで、商取引契約がスタートします。そのためショップ側が特に新規の顧客に対して、あいまいな返事をするとトラブルの原因となりますから、十分注意してください。取扱量の多いショップの場合、「商品の発送案内の送付をもって注文受諾にかえる」という手数を省いた方法もありますが、サイト内の「特定商取引法による表示」と「ご利用の案内」で明記しておく必要があります。


ネットショップの受注管理

cart4.jpg
受注一覧の画面

ショッピングカートの受注状況を確認する

オーナー権限でログインすると、管理メニューに「ショッピングカート受注一覧」が表示されます。売上ID、お客様のお名前、電話番号、メールアドレス、売上小計、消費税、合計金額が表形式で一覧できます。一番左側の「売上ID」の番号をクリックすると、「カートの中身を確認する」画面と同じフォーマットの明細の表示に変わります。

一番右側に「発送」ボタンがありますが、発送が完了したときにクリックすると「請求」に変わります。請求後にクリックすると「入金」に変わります。さらに入金確認後にクリックすると「削除」に変わり、最終的に一覧表示から除外できるようになっています。

Powered by ek-MyWEB.com 2.0 RC3