これは記事の個別表示です。一覧表示はメニューを選択してください。

はじめにコンテンツありき、それがCMS

CMS(コンテンツマネージメントシステム)では「はじめにコンテンツありき」と考えます。「はじめにHTMLありき」のような従来の考え方を否定します。HTMLがもし必要になったら、少しずつ必要なだけ学ぶ、そうできることが理想的な教育用CMSと考えます。

これまでHTMLを意識しなくて済ませる、もう一つの方法がありました。それがHTMLエディタと呼ばれるものです。見かけ上はHTMLタグが隠されるので「ワープロ感覚で使える」が謳い文句となります。多くのCMSにはTinyMCEという簡易HTMLエディタが内蔵されていて、HTMLをあまり意識せずにコンテンツを編集できるように工夫しています。一見合理的に見えますが、ユーザーが入力した原稿にHTMLタグを付与した状態で保存するので、結果として柔軟性に欠けることになります。また記事ごとに体裁が不揃いになりやすいという問題を抱えることになります。ek-MyWEBでは原則として、ユーザーが入力した原稿を*そのまま保存しておき、画面に表示する直前にプログラムが必要なHTMLタグを付与して出力するので、パソコン用と携帯電話用とに関わらず、柔軟に対応できるのです。また入力フォームが固定しているので、記事ごとに体裁が不揃いになるということはありません。特にPageモデルにおいてはオプションも豊富なので、サイト全体の統一感が維持されます。

*一部の特殊記号は置き換えが行われます。ユーザーが入力した原稿にHTMLタグを付与せずに保存するCMSは、いわゆるWiki系にもあります。

Powered by ek-MyWEB.com 2.0