これは記事の個別表示です。一覧表示はメニューを選択してください。

CMSとは何か?

CMSとはコンテンツマネージメントシステムの略で、これまでのホームページのように、1ページずつHTMLと呼ばれる言語で記述するか、ホームページビルダーのような市販のソフトでデザインして、それらのページを関連付けするというやり方でなく、ホームページの中身(コンテンツ)をブロック化して、データベースに保存するので、あとで記事の書き換えが容易、情報を検索しやすいところに大きな特徴があります。

よく知られている代表的なCMSとして、ブログツールがあります。難しいHTMLをおぼえる必要もなく、メールを打つような手順で個人ホームページが簡単に作成できることから、Yahoo!など大手のインターネットプロバイダでは、必ずといってよいほど何らかのブログツールが加入者に無料で提供され、人気を博しています。ただしこれらの無料ブログでは商業利用が禁止されているので、企業が導入するには問題がありました。せいぜい社長の個人ブログというスタンスでしか利用できないのです。

企業向けにはMovableTypeWordPressなど、オープンソースのブログツールも少しずつ浸透しつつあり、対応するWEB制作会社もありますが、機能が限定されている割には難解で、零細な個人企業が導入するには敷居が高すぎるのが現状です。また純国産のCMSも数多くありますが、そのほとんどがライセンス料の支払いが必要なものとなっています。

Powered by ek-MyWEB.com 2.0